高飛舎blog

京都を拠点に女の道を究める者の集う場・高飛舎のblog。映画感想や女の道を語るメンバーのよもやま話など。
<< 『妻』 監督:成瀬巳喜男 (1953年) | main | 『煙突の見える場所』 監督:五所平之助 (1953年) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『稲妻』 監督:成瀬巳喜男 (1953年)
柴田:はー、ようやく、成瀬監督の『稲妻』を観ます!
   名作のようですが、内容に関する予備知識はまったくないまま
   真っ白状態で観ますよ。




『稲妻』 監督:成瀬巳喜男 (1953年)
出演:高峰秀子 浦辺粂子 三浦光子 村田知英子 他

東京の下町。雑貨屋の三女・清子(高峰秀子)は、
四人兄妹それぞれの父親が違うという、複雑な家庭環境の中で暮らしていた。
既に嫁いでいる長女の逢子(村田知英子)は気が強く、
夫に先立たれた次女の光子(三浦光子)は、ただ途方に暮れるばかり。
そして兄の嘉助は、冴えない平凡な男だった。
そんなある日、長女の逢子が清子に両国でパン屋を営む綱吉との縁談を持ってくる。
だが次女の光子は、綱吉が逢子と関係を持っていることを知り…。



・・・・・・・これは、名作ですね。むむう。

 清子が長女に頬っぺたを叩かれたシーンで、ハッとさせられました。

 自分の意思に反して付きまとってくる厄介事のエピソードが続く。
 だらしなくみえる家族とか、女の性とか。宿命というのだろうか。

 清子は何とかその厄介事から逃れようとするが、巻き込まれてしまう。

 間借人の女の人や、下宿先のお隣さんなどは
 それぞれ貧困とか、両親がいないとか、宿命を背負っているけど
 清子からみるとうらやましくみえるのだろう。

 ラスト。
 清子は自分に付きまとう厄介事の責任は、母にあるという思いがつのって
 母(浦辺粂子)に怒りをぶちまける。
 でも母に言ってもしようがない。
 母も宿命によって人生を右往左往してきた人なのだ。
 
 結局仲直り、というか、やはり親子の縁という宿命でもって
 二人は一緒に歩いていく。
 ううん、いいシーンだ。
 指輪が本物だった話は、救いだ。
 

 浦辺粂子という人はそうとう味わい深い人だと思った。
 溝口、小津、伊藤大輔などなど名監督作品にも出ている彼女だが
 彼女の台詞というと、
「だっておまえ、しょうがないじゃないか」という言葉が浮かぶ。
 人生のどうしようもない部分を引き受けてきた感がにじみ出ている。


 高峰秀子氏も相当素晴らしかった。
 清子が仏壇の葡萄を食べるシーンがよかったですね。
 ぽいぽい皮と種を捨てながら話をするところとか。

 印象的なシーンが続く映画でした。
 
 
 

  
 
 
 
 



| 柴田洋子 | 4.5畳映画館(邦画感想) | 07:55 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:55 | - | - |
「流れる」「乱れる」「浮雲」「驟雨」「鰯雲」、そして「稲妻」。
成瀬映画のタイトルって、本当にセンスが良いですね。
柴田さんが言われる様に、浦辺粂子がハマリ役です。
余りにもはまり過ぎて特別意識もしませんでしたが、成瀬作品で言うと、他に「あにいもうと」の母親役も良いですね。

映画の中で高峰秀子と姉が、中北千枝子のアパートを訪ねる
シーンに登場する例の小橋は今でも現存しているらしいですね、(地下鉄東西線の「木場」駅付近)一度行ってみたいです。

1953年作でしたか、1953年と言えば「東京物語」や「雨月物語」の年ですよねぇ・・・・すごい!日本映画に栄光あれ。

韓流とか言ってる場合じゃないです・・・・。

と、そう?・・・思うんだけど・・・なぁ・・・。
| 鯨江堂 | 2007/03/25 1:31 PM |
鯨江堂さん、こんにちは。


成瀬監督作品のタイトルは本当にいいですね。そう思います。
「稲妻」というのも相当いいし、
「流れる」「乱れる」の動詞もかなりいいです。ぐっときます。

巷のレンタルビデオ屋にも、もっと邦画名作を置いて欲しいです。
「あにいもうと」が見られる日はいつになることか・・・

あれよあれよと韓流コーナーが占めてきてるところをみると
みんな韓流を見てるんですね。
流行っているからには何か見るべき点があるのかもしれませんが
どうも心がそんなに動きませんねぇ。

| しばたようこ | 2007/03/27 12:39 AM |











      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ